Jリーグ 歴代外国人選手ランキング

ビクトル・イバルボ Jリーグ 歴代外国人選手

ビクトル・イバルボ

数多くの外国人選手がJリーグで活躍しています。ワシントン、ビクトル・イバルボ、フォルラン、有名な選手もプレーしています。そこで、今回はJリーグを彩った歴代外国人選手ランキングを紹介していきたいと思います。一人目はブラジル代表としてワールドカップ優勝に導いたジーコです。ジーコは鹿島アントラーズを常勝軍団に押し上げた人物で、持ち前のテクニックで日本のサッカーファン達を魅了しました。

サッカー

日本でプレーしたときは選手としては晩年期だったのですが、世界トップのテクニックは健在でした。フリーキックでの直接ゴールは今でもサッカーファンの脳裏に焼きついています。二人目はポンテです。ポンテは浦和レッズに所属していた選手で、浦和レッズをアジアチャンピオンズリーグの優勝に導き、浦和レッズの黄金期の主力選手でした。頭脳的なプレーと、正確無比なパスは間違いなく世界トップクラスでした。

三人目はエメルソンです。このエメルソンも浦和レッズに所属していた選手で、生粋の点取り屋です。常にゴールに向かう姿勢でドリブルを仕掛けて、圧倒的なスピードで相手DFを抜き去ります。

Jリーグ ブックメーカーはここへ

ケネディ Jリーグ 歴代外国人選手

ケネディ

Jリーグクラブに加入して活躍する外国人ストライカーは、敏捷性とテクニックに優れたタイプが多いという特徴があります。しかし、ジョシュア・ケネディは機動力や足下のボールを扱う技術ではなく、194cmという高身長と強靱なフィジカルを活かしたパワフルなプレースタイルでチームを優勝に導いたのです。

スタジアム

2009年に名古屋グランパスに加入したケネディは、当初から圧倒的な高さを活かしたポストプレーで攻撃の中心を担い、活躍していました。名古屋グランパスの攻撃スタイルがロングボールを中心にしていたことも功を奏し、チームスタイルと個人のプレイスタイルが合致したのです。移籍した年はチームの攻撃をサポートする役割を担っていたため得点数が伸びませんでした。

しかし、翌シーズンはポストプレーで味方を活かしつつ自分もゴールを狙うことが可能になり、得点王を獲得する活躍を見せました。名古屋グランパスを初のJリーグ優勝に導いた外国人選手として、歴代の外国人選手の中でも特に印象に残っているのです。

ジュニーニョ Jリーグ 歴代外国人選手

ジュニーニョ

ジュニーニョと言う名前をご存知でしょうか? 初めて聞く人にとっては、とても発音しづらいインパクトがある名前です。サッカー好きな方でジュニーニョの事を知らない人は、ファン歴が浅い人と思われかねない程、日本のJリーグで大活躍し、多くのファンに愛された選手です。日本のサッカーがプロ化されJリーグとして発足してから、多くの優秀な外国人選手がプレーしました。

一般的には、日本代表監督経験のあるジーコが有名でしょう。そんな外国人選手の中での歴代得点記録でランキング上位に入るのがジュニーニョです。彼は川崎フロンターレで長年プレーしましたが、日本での通算得点は116点です。長年日本でのプレーしていた彼は、一時は日本に帰化して日本代表入りも待望されましたが、母国ブラジルでU-20の代表選手として選ばれており、4戦に出場経験がある事や、言葉の壁などにも阻まれ断念しました。

日本人になり日の丸を背負って戦う事はありませんでしたが、Jリーグのでの記憶に残るストライカーぶりは、多くの日本人の心に今も焼き付いています。